住宅ローンは年収の何倍までOK?

住宅ローンは年収の何倍が目安?

口コミイメージ

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

 

そこで今回は、安い価格でサービスも充実しているおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

 

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

 

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。

 

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

 

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

 

審査に通るにはどれくらいの年収が必要なのかというのも問題になってきます。

 

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

 

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

 

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり景気によって金額が変わることも有り得ます。

 

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

 

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

 

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

 

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

 

以上の事から、支払をするにする。

 

という事は、かなり難しいです。

 

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?簡単な方法としては銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

 

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

 

今後、新築を購入する計画を立てている方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

 

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

 

今はどこの会社も無料で試算できるサービスが豊富で、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。

 

ただ、これが明確な数字ではないので注意しましょう。

 

もっと聞きたいことなどあれば、直接スタッフに確認しましょう。

 

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

 

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

 

審査に通るにはどれくらいの年収が必要という目安はあるのでしょうか?

 

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

 

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

 

住宅ローン審査に通る年収は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

 

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

 

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

 

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

 

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

 

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが力になってくれるでしょう。

 

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

 

返済期間は人によってそれぞれですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

 

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

 

一般的に、40歳を超える申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。

 

近々、マイホームを購入したいと考えている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

 

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、1割である11万円を税金として払う必要があります。

 

ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。ですが年収によるとしか言いようがない場合もあります。

 

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

 

口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

 

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

 

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方も新しく銀行で借り換えしたい方も口コミを参照しましょう。

 

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

 

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

 

保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

 

ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。

 

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

 

 

 

 

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。充分な金額の年収が必要になるというのはお分かりいただけるはずです。

 

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

 

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。